キャットフードの評価

オーブンベイクドキャットフードを評価|口コミや評判を紹介

投稿日:

猫

この記事で紹介するのは、オーブンで調理されたキャットフード「オーブンベイクド」です。

オーブンベイクドは、愛猫の健康維持に最適なキャットフードなのでしょうか?

ここでは、「オーブンベイクド アダルト フィッシュ」を原材料や成分表などから評価していきたいと思います。

実際に購入した飼い主の方の口コミやお得な購入方法なども紹介しているので、今後のキャットフード選びの参考にしてみてください。

オーブンベイクドの概要

総合ポイント4.2pt

商品名 オーブンベイクド アダルト フィッシュ
販売業者 株式会社ファンタジーワールド
フードの目的 総合栄養食
タイプ ドライタイプ
添加物 不使用
穀物 玄米、大麦、オート麦
原産国 カナダ
対象年齢 成猫用

原材料

好ましくない原材料は赤色で表示しています。

危険な原材料についてはこちらを参照ください。

フィッシュ(フレッシュフィッシュ28%,フィッシュミール13%),玄米,大麦,オート麦,キャノーラオイル,ビートパルプ,カボチャ,乾燥鶏卵製品,ビール酵母,亜麻仁,サーモンオイル,ニンジン,サツマイモ,アップル,ブルーベリー,ホウレンソウ,イヌリン,クランベリー,パイナップル,緑茶抽出物,硫酸コンドロイチン,グルコサミン塩酸塩,パセリ,ユッカシジゲラ,ローズマリーエキス,ビタミン類(ビタミンA(レチニルアセテート)10000IU/kg,ビタミンD3(コレカルシフェロール)750IU/kg,ビタミンE30mg/kg),ミネラル類(硫酸鉄266.7mg/kg,硫酸亜鉛208.3mg/kg,硫酸マグネシウム23.4mg/kg,硫酸銅19.8mg/kg,亜セレン酸ナトリウム0.22mg/kg,ヨウ素酸カルシウム0.60mg/kg),アミノ酸類(タウリン1000mg/kg),技術的添加物(クエン酸),酸化防止剤(天然酸化防止剤),※その他、微量のピーナッツを含有することがあります
成分値

成分表

成分表の見方についてはこちらを参照ください。

粗タンパク質 27%、粗脂肪 14%、粗繊維 3.0%、水分 10%、粗灰分 6.5%、カルシウム 1.0%、 リン 0.9 %、マグネシウム 0.1 %、カリウム 0.6 %、ナトリウム 0.2 %、オメガ-3 1.0 %、オメガ-6 2.8 %、グルコサミン 100 mg/kg、硫酸コンドロイチン 100 mg/kgエネルギー(100gあたり):350kcal

オーブンベイクドの評価

総合ポイント4.2pt

原材料 4.5pt
添加物 4.5pt
アレルギー 4.5pt
成分 4pt
コスパ 3.5pt

原材料:粗悪な原料を使用していないか?

危険な食材 ビートパルプ

ビートパルプとは、甜菜(砂糖大根)から砂糖等を搾り取った残りカスのことです。

製造過程で使用した薬剤が残留している可能性があるので注意が必要です。

添加物:危険な添加物は使用していないか?

【危険な添加物】

エトキシキン(酸化防止剤) なし
BHA(酸化防止剤) なし
BHT(酸化防止剤) なし
合成着色料 なし
没食子酸プロピル(酸化防止剤) なし
ソルビン酸カリウム(保存料) なし
亜硝酸ナトリウム(発色剤) なし
プロピレングリコール(保湿剤) なし
グリシリジン・アンモニエート(甘味料) なし

危険性のある添加物は使われていません。

ビタミンやミネラルといった栄養添加物を使用していますが、素材だけでは不足しがちな栄養を補うもので危険性はありません。

アレルギー:アレルギーになりやすい食材を使用していないか?

【アレルギーの原因になりやすい食材】

牛肉 なし
あり
鶏肉 なし
乳製品 なし
とうもろこし なし
小麦 なし
ラム肉 なし

原材料には、タイ・カレイ・ハドックなどの魚が使われています。

猫は魚に対してアレルギーを持っていることがあるので注意が必要です。

成分:栄養バランスは?

成分 数値 高〜低
タンパク質 27.0%以上 標準
脂質 14.0%以上 低め
繊維質 3.0%以下 標準
灰分 6.5%以下 標準
水分 10.0%以下
カロリー 350kcal/100g 低め

脂質とカロリーが少し低めの数値となっています。

ヘルシーなキャットフードで、運動量が普通〜少なめの猫に向いています。

コスパ:価格は適切か?

価格 2,680円(税込)※Amazon参照
容量 1.13kg
100gあたりの価格 237円

100gあたりの価格は、237円となっています。

決して安価なフードではありませんが、品質を考えると妥当な価格です。

オーブンベイクドの特徴

オーブンベイクド製法

オーブンベイクドは、オーブンを使いじっくり時間をかけて調理されています。

一般的なドライフードの10倍の時間をかけて調理することで、栄養・風味・香りを損なうことなく維持することができます。

オーブンベイクド製法は、粒がカチカチにならず簡単に砕けるので消化吸収に優れています。

良質な原材料

原材料は、すべてヒューマングレードを使用しています。

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質という意味です。

新鮮なフレッシュ素材を厳選しているので、とても安全性が高いです。

関節ケア

原材料には、関節ケアに効果のあるコンドロイチンやグルコサミンが使われています。

関節トラブルの予防や改善に効果的です。

アレルギー性の低い穀物

原材料には、玄米・大麦・オーツ麦といった穀物が使われています。

穀物にはアレルギーの心配をする方もいると思います。

オーブンベイクドで使用している穀物はアレルギー性の低いものなので心配はいらないでしょう。

口コミ・評判

魚が主原料のフードは始めて利用しましたがすごく食いつきがいいです。
フード自体は魚のいい香りがします。
好き嫌いの激しい子ですが、よく食べてくれます。
うんちの状態も良く今のところ問題ありません。
利用してしばらくたちますが、いつも美味しそうに食べています。
もう少し安くなるといいですが、品質を考えると仕方ないです。
ウチの猫には合わなかったようで、全然食べてくれませんでした。
もう少し様子を見ようと思います。

食いつきは高評価が多いですが、一部の猫で食べない子もいるようです。

食いつきにムラがあるようなので、小さめのサイズから試してみるのも良いと思います。

粒の大きさ

オーブンベイクド キャットフード

直径が約8mmで円錐の形状をしています。

キャットフードの中でも小粒なので、小型猫でも食べやすいサイズです。

商品ラインナップ

オーブンベイクドには、以下のラインナップがあります。

  • アダルト チキン
  • アダルト フィッシュ
  • シニア チキン
  • キトン チキン
  • グレインフリー チキン
  • グレインフリー フィッシュ
  • グレイフンリー ダック

与え方

オーブンベイクドの1日あたりの給与量は以下になります。

 体重 給与量
1.8〜3.2kg 39〜65g
3.3〜4.5kg 65g
4.6〜6.8kg 65〜90g

こちらの数値を参考に与えるようにしましょう。

ただし、個体差によって変わるので目安として考えるようにしてください。

適切な給与量は犬種、性別、年齢、運動量などによって異なります。

体重の増減や便の状態などを見ながら調整していくようにしてください。

キャットフードの切り替え方

キャットフードを切り替える時は、徐々に新しいものへ切り替えていくことをおすすめします。

急に新しいキャットフードに切り替えると、場合によっては下痢や嘔吐などを引き起こすことがあります。

愛猫の身体への負担を軽減させるためにも、便の状態や体調などを見ながら少しずつ新しいフードに慣れさせるようにしてください。

1〜3日目
前のフードをメインに新しいフードを少量ずつ混ぜる。

4〜6日目
新しいフードの割合を少しずつ増やしていく。

7〜10日目
最終的に新しいドッグフードのみにする。

お腹の弱い猫の場合は、もう少し時間をかけて切り替えるようにしてください。

賞味期限と保存方法

愛猫のためにも、賞味期限を守って適切な方法で保存するようにしてください。

オーブンベイクドの賞味期限

オーブンベイクドは、開封してから1ヶ月以内に使い切るようにしてください。

賞味期限が切れてしまったキャットフードは、愛猫の健康を損なう可能性があるので与えないようにしましょう。

上記の期限は、正しい方法で保存した場合の日付である点に注意してください。

正しい保存方法

キャットフードが酸化しないために、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

オーブンベイクドはパッケージにチャックがついているので、中の空気を抜いてチャックをしっかり閉めるようにしてください。

保管場所は、劣化を防止するために冷暗所に保管してください。

冷暗所とは、多温多湿にならず直射日光の当たらない場所のことです。

冷蔵庫で保存する方もいるようですが、ドライフードは冷蔵庫で保存するのは避けるようにしてください。

外と冷蔵庫内の温度差によって結露が生じ、カビが発生することがあります。

ドライフードは、できるだけ常温で保存するようにしましょう。

まとめ

猫

オーブンベイクドは、オーブンを使用して作られた珍しいキャットフードです。

原材料はヒューマングレードで添加物もビタミンやミネラル以外のものは使われていません。

少々高めですが、良質なキャットフードを探している方は是非ためしてみてください。

-キャットフードの評価

        
           

関連記事

猫

猫用プロステージ ル・シャット(イースター)を評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、健康をサポートする総合栄養食「プロステージ ル・シャット」です。 プロステージ ル・シャットは、愛猫の健康維持に最適なキャットフードなのでしょうか? ここでは、「プロステージ …

猫

ファーストメイトキャットフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、世界初のグレインフリーペットフード「ファーストメイト」です。 ファーストメイトは、愛猫の健康維持に最適なキャットフードなのでしょうか? ここでは、「ファーストメイト チキンウィ …

猫

ウェルネスキャットフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、主原料に生肉・生魚を使用したキャットフード「ウェルネス」です。 ウェルネスは、愛猫の健康維持に最適なキャットフードなのでしょうか? ここでは、「ウェルネス 穀物不使用 室内猫用 …

猫

スマックキャットフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、国産の全成長段階用総合栄養食「スマック」です。 スマックは、愛猫の健康維持に最適なキャットフードなのでしょうか? ここでは、「キャットスマック にゃんズ満足3頭以上用 かつお味 …

猫

モンプチキャットフードを評価|口コミや評判を紹介

この記事で紹介するのは、オーストラリア産の総合栄養食「モンプチ」です。 モンプチは、愛猫の健康維持に最適なキャットフードなのでしょうか? ここでは、「モンプチ 5種のフィッシュブレンド」を原材料や成分 …